離婚裁判を有利に進める為の浮気調査|浜松で離婚に強い女性探偵社

探偵浜松=離婚裁判を有利に進める為には本物のプロが行う浮気調査が必要なのです。 

離婚裁判を有利に進める為の方法|浮気調査の必要性

離婚裁判では、民法第770条にある配偶者に不貞行為がある場合は、夫婦のどちらか一方が、離婚の訴えを提起することができます。さらに、裁判所は、配偶者に不貞行為があった場合でも、一切の事情を考慮し婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚請求を棄却することができるのです。判例上での不貞行為は男女間での性交渉であり、性交渉がない男女の密会は不貞行為に該当せず、または通常の不貞行為を離婚事由にする為には、一回だけではない継続的な不貞行為の立証が必要になるのです。つまり、浮気をした夫や妻が他の異性と性交渉をすれば立派な違法行為になるのです。すなわち、離婚を有利に進める為には配偶者の不貞証拠を押えることがとても重要なのです。

探偵浜松=浮気や不倫の知識をしっかりと把握し、証拠撮りのプロが行う浮気調査をしましょう。 

浮気や不倫の考え方や認識は個人差があります。

例えば、配偶者がコソコソと異性とメールをしていたり、異性と食事に行っただけで浮気や不倫と判断する方がいますが、法律上での「不貞行為」は配偶者以外の異性との肉体関係を持つことを定義としており、第三者から見て交際していると判断したとしてもそれは状況証拠といった程度で「不貞行為」とはまったく言えないのです。なので、裁判所の見解での浮気調査の対象は性行為の存在及び、不貞行為が継続的に行われているかの有無(立証)をしないと離婚請求は認められないのです。


すなわち、裁判を訴える側は、配偶者(夫・妻)の不貞行為を行った証拠を示す立証責任があるのです。

そこで、重要なのは、客観的な証拠として宿泊施設(ファッションホテル・旅館・シティホテルなど)不貞相手宅(マンション・アパートなど)への出入りする画像や映像は状況証拠として必須であり、それらを踏まえると、宿泊施設や不貞相手宅への出入りなどの決定的証拠は、一回だけでは不十分であり、複数回の証拠を入手し、継続的に不貞行為を繰り返していることを立証することが有利な立場になる鍵なのです。

裁判などをしなくて離婚するだけだから細かい証拠は要らないと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、相手が離婚に同意しなければ離婚は成立できないことを覚えておいてください。
 



Copyright (C) ,浜松の女性探偵社=アビイ・ロード女性探偵社, All rights reserved.

 

▲このページのトップに戻る